人間の脳には、数百億個以上の神経細胞がぎっしり詰まっています

人間の脳には、数百億個以上の神経細胞がぎっしり詰まっています。その中には、十分に活用されていない細胞も多く、その潜在能力は無限に近いと考えられています。つまり、眠っている脳の力を引き出せば、不可能と思えるような願いも達成できるということです。

潜在能力を発揮するうえで障害になるのが「どうせ自分にはできない」といった自己否定的な考えです。脳の専門家によれば、こうしたネガティブな発想を抱いていると、脳は委縮してしまい、本来の力を発揮しづらくなるとされます。

 

世界で賞賛され、多数の映画関連アワードに輝いた映画「CHANGE」は、どうすれば脳の潜在能力を活かすことができるのか、その方法を示してくれる名作ドキュメンタリー作品です。自分の内側にある“創造的な私”を引き出し、「脳幹」「大脳皮質」「大脳辺縁系」の3つの層を統合させて本来の力を発揮する――。そのための筋道がわかります。

CHANGEyourEnergy
イルチブレインヨガ公式サイトへ
HSP SHOP
カクレミノ家
ILCHI.JP

2017年

10月

07日

映画「CHANGE」が教えてくれること

「自分を変えたい」「変わりたい」と思っていても、人はそう簡単に変われるものではない――。多くの方がそう考えているようです。

 

確かに、忙しい日常生活に追われながら、自分を抜本的に変えるのは難しいことのように思えます。具体的な行動を起こしたくても、なかなかきっかけが掴めないというのが現実でしょう。

 

それでも、世の中には、いろいろなハードルを乗り越えて理想の自分を実現する人はたくさんいます。そんな人たちに共通しているのは、夢をあきらめずに追いかける「想い」です。

 

世界のリーダーに支持されている「引き寄せの法則」によると、私たちの想いはどんなものであっても現実になりえます。何事も意識を集中させれば、実現できるのです。

 

ドキュメンタリー映画「CHANGE」では、最先端の脳科学や量子力学の理論を基に、引き寄せの法則に沿って理想を現実にする方法を紹介しています。脳の「脳幹」「大脳皮質」「大脳辺縁系」の3つの層を統合させることで、無限の潜在能力を発揮でき、幸せや成功、健康を手にすることができると、CHANGEは教えてくれます。www.change-movie.net